求人案内

メディア掲載

取材・新聞関連での紹介

地域医療にかけるドクター 「PLDD法」で豊富な臨床経験、椎間板ヘルニア治療

さくら整形外科・眼科院長の 小森剛さん
さくら整形外科・眼科の外観
さくら整形外科・眼科の外観

名古屋の地下鉄桜通線の車道駅から徒歩8分、
さくら整形外科・眼科の一際目につく建物がある。
平成13年に院長の小森剛さんが、整形外科医としての
経験、実績の集大成として、自分自身が患者のために
できうることをやっていきたい、という思いから
開設した。現代の多くの人が悩み、苦しんでいる
腰痛、中でも椎間板ヘルニア(頸椎・腰椎)の治療に
専念したいという気持ちが強かった。

小森剛院長

「椎間板ヘルニアの治療法としては、これまでまず第一に、
保存的治療(痛み止めなどの薬の投与、リハビリテーションなど)を
行い、それでもよくならなければ、切開手術を行うしかなかったのです」

整形外科医の小森さんにとって、椎間板ヘルニアの処置は大きな
課題であった。そんな中、小森さんがレーザー治療(以下PLDD法)に
出会ったのは、平成8年のこと。

現在までの約8年間で症例数は6000例を超える臨床を経験。
開設してまだ短期間にもかかわらず、腰痛、頸部・腰部椎間板ヘルニアに
苦しむ患者は全国から来院してくる。
「PLDD法は、従来の手術方法に比べて、患者さんの肉体的、
精神的負担が少なく、日帰りで行えるのです。PLDD法の認知度はその効果に比べて
まだまだ低いといえます。苦痛の表情でこられた患者さんが、術後に笑顔でかえって
いかれるのは患者さんにとってもそうですが、僕自身にとっても一番の喜びの瞬間なのです」と
熱く語る小森さん。

レーザー治療が行われる手術室

もちろん小森さん自身、手術による緻(ち)密な作業で
蓄積される疲労は並大抵のものではない。
ストレス解消法はとの問いに「体が資本ですからね、
ジョギングをしています。そして子供と遊んでいるときが
何よりの楽しみな時間です」。
家族の話に及ぶと笑顔がのぞいた。 

(プロフィル)小森剛(こもり・たけし)。
三重県出身。平成2年藤田保健衛生大学医学部卒業。同大学病院整形外科学教室に入局。
研修医、専修医、研究医を経て、平成13年名古屋市東区にさくら整形外科・眼科を設立。
著書に「椎間板ヘルニアは切らずに治す(現代書林)」、
「痔・いびきはレーザーで治す(現代書林)」がある。

KBS 京都放送番組「田淵岩夫の特ダネ!てれび」の番組取材

去る平成19年9月22日(土)にKBS京都の「田淵岩夫の得ダネ!てれび」
(毎週月曜日から金曜日午前10時30分〜11時30分放送)のコーナーでの番組取材が行われました。
レポーターの川口友子さんが当院を訪れ、小森剛院長に腰痛の予防法、PLDD法による
椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニアの治療、などを取材、多くの視聴者に詳しく報告致しました。
この番組はKBS京都の情報番組で、平成19年10月2日(火)、9日(火)、16日(火)、23日(火)の
4週にわたり放送され、大きな反響をいただきました。

PLDD法の特徴を小森院長に聞きました   順調に進む収録。PLDD法を詳しく報告

PLDD法の特徴を
小森院長に聞きました

 

順調に進む収録。
PLDD法を詳しく報告

レポーターの川口友子さんと小森院長   番組取材も無事終了。お疲れ様でした!

レポーターの川口友子さんと
小森院長

 

番組取材も無事終了。
お疲れ様でした!

サンテレビ特別番組「つらい腰痛!苦しい腰痛!」

去る平成20年4月26日(土)にサンテレビの特別番組
「つらい腰痛!苦しい腰痛!」ー腰痛治療報告ーの取材収録がありました。
タレントの安岡由記子さんがレポーターとして当院を訪れ、
番組のなかで小森剛院長に腰痛の予防法、PLDD法による椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニアの
治療などを取材し、視聴者に詳しく報告しています。
この番組はサンテレビの医療情報番組として平成20年7月2日(水)16:30〜放送されました。
その後も各局で順次放送される予定です。

患者さんのPLDD体験談を取材する   レポーター安岡由記子さんが椎間板ヘルニアについて聞く

患者さんのPLDD体験談を取材する

 

レポーター安岡由記子さんが
椎間板ヘルニアについて聞く

レーザー治療の手術方法を詳しく説明   番組取材も無事終了”お疲れ様です!”

レーザー治療の手術方法を詳しく説明

 

番組取材も無事終了
”お疲れ様です!”

『悩める腰痛最新治療リポート』の番組取材

平成16年9月11日にテレビ特別番組”メディカル・リポート”の番組取材が行われました。
この番組では元読売テレビのアナウンサー羽川英樹さんをレポーターに迎え、
小森剛院長の出演でPLDDレーザー治療の実態が詳しく報告されました。

収録の合間にレポーター羽川秀樹さんと記念のツーショット   朝早くから診療時間を縫って撮影が進む

収録の合間にレポーター
羽川秀樹さんと記念のツーショット

 

朝早くから診療時間を縫って
撮影が進む

レーザー手術ですっかり痛みがなくなった!喜びの体験談   PLDD治療について手術室で詳しく話す小森院長

レーザー手術ですっかり
痛みがなくなった!喜びの体験談

 

PLDD治療について
手術室で詳しく話す小森院長

ユーガッタCBCの取材を受けました

ユーガッタCBCの取材を受けました

東海ラジオ 松原敬生様

東海ラジオ 松原敬生様

サンテレビ 河島あみる様

サンテレビ 河島あみる様

「教えて!腰痛」の番組取材

去る平成17年11月19日(土)にテレビ特別番組”メディカル・レポート”『教えて!腰痛』の
取材収録がありました。この番組ではタレントの”DA-DA(ダダ)”(松竹芸能)の
コンビがレポーターとして当院を訪れました。
番組の中では実際に小森剛院長の診察を受け、椎間板ヘルニア、腰痛の治療法や
予防法などを聞いて、視聴者に詳しく報告しています。この番組は各局で順次放送されます。

レポーター役の”DA-DA”の二人と   小森院長より手術の説明

レポーター役の”DA-DA”の二人と

 

小森院長より手術の説明

院内の施設を詳しくレポート   ”おつかれさま”収録も無事終了

院内の施設を詳しくレポート

 

”おつかれさま”収録も無事終了

「医療レポート 腰痛からの脱出」に出演いたしました

TV撮影風景
平成15年11月15日(土)にテレビ番組の収録が行われました。
番組タイトルは「メディカルレポート・腰痛からの脱出」。
30分番組で、以下の写真はその収録風景です。
レポーターは、故・河島英伍さんの娘さんで関西を中心に活躍中の河島あみるさんです。

「医療レポート 腰痛からの脱出」に出演いたしました   「医療レポート 腰痛からの脱出」に出演いたしました
「医療レポート 腰痛からの脱出」に出演いたしました   「医療レポート 腰痛からの脱出」に出演いたしました

院長の主な著書 ※本をクリックするとamazonにリンクします。

椎間板ヘルニアは切らずに治す『小森 剛』

出版社:現代書林

椎間板ヘルニアは切らずに治す『小森 剛』
>>ネットでのご購入はこちら

痔、いびきはレーザーで治す!!『小森 剛』

〜出血・痛み少なく、短時間で済み、回復も早い最先端治療〜
出版社:現代書林

痔、いびきはレーザーで治す!!『小森 剛』
>>ネットでのご購入はこちら

その他関連記事 ※クリックすると大きくなります

関連記事 関連記事 関連記事 関連記事
       
関連記事 関連記事 関連記事 関連記事
       
関連記事 関連記事 関連記事 関連記事