求人案内

最新のレーザー機器

椎間板ヘルニアとレーザー治療の動画紹介

メディカルリポート「腰痛からの脱出」
リポーター 河島あみる(松竹芸能所属)
 
「腰痛、頚部痛治療最前線」
リポーター 吉田 麻衣子
 
腰痛・頸部痛からの脱出
   
タレントの河島あみるが
さくら整形外科・眼科を訪れ、腰痛の
種類、椎間板ヘルニアの原因や対策、
なかでもPLDD法による施術を
小森剛院長に詳しくたずねます。
カメラはひとりの椎間板ヘルニアの
男性患者を追って施術前の状態から
手術室にも入り詳しくリポートします。
 
椎間板ヘルニアをはじめ腰痛全般、
と頚椎ヘルニアなどのメカニズムを
分かりやすく解説。レーザー手術を
受けた方々の感想も交えて、身体に
負担のかからないPLDDでの
最新の治療法を紹介しています。
 
ヘルニアの種類解説と、さくら整形
外科・眼科で実際行っているPLDD
法による施術の様子を撮影。
また、レントゲン写真をもとに術前、
術後の経過について詳しくご案内し
ています。
「新腰痛治療報告
つらい腰痛!苦しい腰痛!」

リポーター 安岡由記子
 
「悩める腰痛!最新治療リポート」
リポーター 羽川英樹 (フリーランス)
 
椎間板ヘルニア腰痛・
頚部痛の最先端治療
   
小森院長の指導で日常生活のなかで
腰痛にならないための姿勢や
チェックポイントなど有益な知識を
視聴者にアドバイスします。
 
腰痛に悩む羽川英樹リポーターが
自分自身のMRI画像も持って
さくら整形外科・眼科を訪れます。
小森院長から詳しく診断を受け、
腰痛の痛み、椎間板ヘルニアの痛みの
原因などを詳しく解説してもらいます。
 
リポーター青木宏子が、日常におけ
る腰痛の改善のための 姿勢のご提案。
また、最新のPLDD法についてリポ
ートします。

レーザーによる椎間板ヘルニア治療

PLDD(Pericutaneous Laser Disc Decompression)レーザーによる椎間板ヘルニア治療 (適応は腰椎、頚椎のヘルニアです。)

レーザーによる椎間板ヘルニア治療椎間板ヘルニアに対する画期的なレーザー装置を当院に設置しております。第3世代のダイオードレーザーを導入いたしました。
従来のパルスYAGレーザーよりもさらに有効率安全性が高められました。手術後の痛みは以前によりも一層少なくなりました

レーザー治療の利点

レーザー治療にはこんな利点があります。

レーザー手術の手順

手術の手順は以下の通りで、時間は約15分で終了します。

1.麻酔の注射を行う
2.針(直径0.4mm程度)を椎間板髄核中央に挿入する
3.2方向からのX線透視にて、位置を確認する
4.針よりレーザーファイバーを挿入し、約1〜2分間レーザー照射を行う

このように処置を行います

PLDD治療は針を刺す場所、使用するレーザーとそのパワー・照射時間の設定がすぐ結果にあらわれます。

最新のレーザーを使用しているうえに、PLDDに適したレーザー透過率高い最新の光ファイバー(アクティブファイバー)を使用しているため、より安全により良い結果をだすことができると自信を持って治療しております。

手術は、現在までに2万1000例以上のPLDD手術の症例を経験している経験豊富な院長自身が行います。

病院としての実績よりも、実際に手術を行う担当医師がこれまでに、どれだけの手術経験を積んでいるかが重要です。

ガイド針

ガイド針

椎間板に刺入されたガイド針の位置をレントゲン透視下に確認します。
左は1椎間に刺入したところです。
右は2椎間同時に手術するため2本のガイド針が刺入されています。

ラセグーテスト

ラセグーテスト ラセグーテスト
手術後 手術前

仰向けになり片足ずつ上げていきます。
足へつながる神経が引っ張られることで、痛みの出る角度を見ます。
左は約80度で陰性。 右は約30度で陽性です。

治療症例

頸部椎間板ヘルニア(C5/C6)のMRI

頸部椎間板ヘルニア(C5/C6)のMRI
PLDD前 PLDD後

腰部椎間板ヘルニア(L5/S1)のMRI

腰部椎間板ヘルニア(L5/S1)のMRI
PLDD前 PLDD後

この治療は最新の治療のため、保険適応になっておりません。
詳しい費用・支払いなどについては御確認下さい。

手術費用は、
腰椎ヘルニア:1ヵ所 ¥400,000(税抜き) 2回目(2ヵ所目)¥160,000(税抜き)
頚椎ヘルニア:1ヵ所 ¥450,000(税抜き) 2回目(2ヵ所目)¥180,000(税抜き)

尚、ローンによる支払いも可能です。(60回まで)

PLDD椎間板ヘルニア治療 Q&A

こちらのページにまとめております。
レーザー治療についてご理解を深めるため、ぜひご一読下さい。