求人案内

しみ・ほくろ治療

CO2 レーザー

マイクロパルスモードにより、周辺組織へのダメージがほとんどありません

CO2レーザーは 10,600nmの遠赤外線光です。主に皮膚科などで、ほくろ、いぼの除去、切開などに使われているレーザーです。

CO2レーザーは目に見えない光です。そのため、ガイド光として同軸上に
赤色のダイオードレーザー(波長650nm) を使っています。
このガイド光は微弱であるため、色による選択的吸収は起きません。

Co2レーザーの波長10,600nmは、水によく吸収されます。85〜90%の水で構成されている
皮膚組織では、レーザー照射部位の組職を瞬間的に気化させて破壊します。
その際、周辺組職には影響を与えることなく、二酸化炭素を発散します。

マイクロパルス照射   一般的な照射
 マイクロパルス照射   一般的な照射

C30MP(Jeisys Medical)

C30MP(Jeisys Medical)
C30MP(Jeisys Medical)
仕様
Laser Mode CW, Pulse, Micro Pulse
出 力 0.5W~30W(Peak 300W)
パルス幅 10μS(1/100,000Sec.)~800μS
ガイド光 diode laser (Red)
Articulated
Arm
7Joint 7mirror
サイズ 250(W)*290(D)*1050(H)
重量 35Kg
消費電力 AC100V, 6A, 50/60Hz

治療症例

老人性色素斑の除去経過 例1

老人性色素斑の除去経過 例1

老人性色素斑の除去経過 例2

老人性色素斑の除去経過 例2

母斑細胞母斑の除去経過

母斑細胞母斑の除去経過

老人性疣贅の除去経過

老人性疣贅(ゆうぜい)(脂漏性角化症)の除去経過写真です。

老人性疣贅の除去経過