求人案内

手術について Q&A

こちらでは、手術についてよくいただくご質問をまとめております。ご相談の前にご一読いただきますと、より理解が深まります。

PLDD治療について

遠方に住んでいます。どのように受診や手術を受けたらいいですか?
レーザー手術の前に、正しい診断をするために必ずMRI検査が必要です。
来院する前に、3ヶ月以内に撮影されたMRIフィルムを持参して下さい。
MRI検査については当院でもご紹介できます。
当院に電話でPLDDを希望していることを伝え、予約を取ってください。
受診していただいたのち、手術についてもご相談をいたします。
手術の費用はどのくらいかかりますか?

この治療は最新の治療のため、保険適応になっておりません。
詳しい費用・支払いなどについては御確認下さい。

手術費用は、
腰椎ヘルニア:1ヵ所 ¥400,000(税抜き)2回目(2ヵ所目)¥160,000(税抜き)
頚椎ヘルニア:1ヵ所 ¥450,000(税抜き)2回目(2ヵ所目)¥180,000(税抜き)

尚、ローンによる支払いも可能です。(60回まで)

手術の時間はどれくらいかかりますか?
レーザー照射時間そのものは2分程度です。
最初に局所麻酔をしてから、髄核を蒸散させて手術が終わるまで、10分程度です。
手術後は病室にご案内いたします。 1〜2時間安静にしていてください。
ただし、トイレに行ったり食事をするのはかまいません。
その後痛くなければ自由に動いてください。 診察後問題なければ帰宅できます。
手術中の痛みはありませんか?
レーザーによる椎間板ヘルニアの手術は、針を刺す皮膚と筋肉だけに注射によって
局所麻酔をします。メスを使って皮膚や筋肉を切ったり、靭帯、骨、神経に
触れることは一切ないため、局所麻酔だけですむのです。
ダイオードレーザーを使用しているため、レーザー照射中の痛みは
ほとんどありません。したがって、手術中の痛みは、局所麻酔の注射ぐらいです。
PLDD法はどこで手術を受けても同じなのでしょうか?
現在PLDD法に用いられるレーザーは数種類あります。
PLDD法に本当に適したレーザー(ダイオードレーザー)や
光ファイバー(アクティブファイバー)を使用していることが重要です。
またガイド針をいかに正確に刺入できるか、いかに適正な量のレーザーを
照射するか極めて重要ですので、十分な経験を積んだ医師が手術を行うことが
非常に重要です。病院としての実績よりも、実際に手術を行う担当医師が
これまでにどれだけの手術経験を積んでいるかが重要です。
レーザーにも何種類かあると聞いたのですが?

現在、日本国内の椎間板ヘルニア治療に用いられるレーザーは、
3〜4種類あるようです。当院で使用しているレーザー以外のレーザーで
手術した場合、時間が非常に長くかかったり(30分〜1時間程度)、
費用も50万円以上(1椎間あたり)かかるものもあるようです。

その点、当院で使用しているレーザーは熱作用の少ない最新のレーザーを
使用しているうえに、さらにPLDDに適したレーザー透過率が高い最新の
光ファイバー(アクティブファイバー)を使用しています。
そのため、安心して治療を受けていただくことができます。
あまり実績のないレーザーで治療している場合、事故のおきる可能性もあります。
ダイオードレーザーを使用している施設はまだまだ少ないですが、
当院と同じレーザー、アクティブファイバーを用いているかどうかを
御確認のうえで、PLDD手術を受けることをお勧めします。
頚椎ヘルニアもPLDD法で治りますか?
腰椎ヘルニアと同様にPLDD法で治療可能です。
腰椎PLDD法にも増して、より正確なガイド針の挿入と精密なレーザー照射が
必要ですので十分な経験を積んだ医師が手術する必要があります。
「軽いヘルニアだから、手術をしないで様子を見ましょう」と
他の病院でいわれました。
どんなに大きなヘルニアでも最初は小さかったのです。
様子をみているうちに大きくなってくる可能性があります。
また、クシャミやセキをしただけで突然飛び出して痛みやしびれがでてくる
ケースもたくさんあります。
椎間板ヘルニアはできるだけ早い段階で治療をして、激しい症状が
出ないようにすることが大切です。レーザー手術は簡単で安全な治療ですから、
ヘルニアが重症化しないように予防的治療としもとても有効なのです。
他の病院で「ヘルニアがもっと大きくなって動けなくなったら手術をしましょう」
といわれました。
切開手術の場合は、椎間板から飛び出したヘルニアをメスで切り取る
手術方法のため、ある程度大きく脱出しないと切除できないからです。
ところが、動けなくなるほどヘルニアがひどくなると、脊髄神経が
強く圧迫されるため、ヘルニアを切除したあとも、足腰のしびれや痛み、
麻痺などが残る可能性が高くなります。
ヘルニアの切開手術の成功例が60%程度と低いのも、
「大きくなるまで、動けなくなるまで」待って手遅れの状態にしていることも
関係しているのです。一方レーザー手術なら、軽いヘルニアのうちに
根治的に治療することができます。
痛みやしびれが出て、動けなくなって日常生活に支障が出る前に
治してしまったほうがずっと賢明ではないでしょうか。
他の病院で切開手術をすすめられているのですが。
切開手術を受ける前に、まずレーザー手術を受けるべきでしょう。
わずか5〜10分の手術で傷も残らず、日帰りですむのですから。
成功率も80%と高いレーザー治療を先に受けてみて決して損はないはずです。
MRI検査の結果をみて、どうしても切開手術が必要な症状の場合には、
率直にそうお伝えします。

椎間板ヘルニアについて

レーザー光線が椎間板ヘルニア症になぜ効果があるのですか?
椎間板ヘルニアによる痛み・しびれなどは、腰の骨の間でクッションの
役目をしている椎間板が後ろに飛び出して、足に通じる神経を圧迫して
起こっています。レーザーで椎間板の内に空洞を作る事により、
内圧をさげて神経への圧迫を除きます。
治療効果は?
術直後、1週間・1ヶ月・3ヶ月と時間の経過と共に良くなっていきます。
改善の程度は患者さんの年齢や状態によって異なりますが、
80%ぐらいの有効性が認められています。
現在、症状のおさまっている椎間板ヘルニアはどうしたらいいでしょうか?
いずれ症状が出てくることが考えられます。
MRI検査によってヘルニアの現在の状態を把握し、患者さんの年齢、仕事、
今までの経過などから考えて、今後ヘルニアがどのような経過を
たどっていくかおよその予測ができます。
もし、ヘルニアが大きくなっていく可能性がある場合は早い時期の
レーザー治療をおすすめします。将来的に痛みやしびれなどに
苦しめられることを予防することによって、安心して生活できるはずです。
そのメリットは大きいと思います。